帯解寺へ行く2

正面から入って右手に受付がある。

そこで必要事項を記入し、祈祷していただくことになる。
ここで注意は男の子祈願と必ず申告すること。
何も申告しなければ、子宝祈願になります

階段上がって、右手に待合室がある。
そこには、全国からのお礼の手紙や写真などがある。
人気があるようだ。

子宝祈願で来る人が多いらしく、夫婦二人の人がちらほら。
うちは娘4人連れて子宝祈願。

周りの目が気になる。たぶんできにくい人からしたら、うらやましいと思う。
ぜいたくな祈願だ。でも、男の子欲しいもんは欲しい。

本堂に呼ばれる。御香を手につけて、清めてからご祈祷いただく。
名前、住所も読まれるので間違いのないように。

終わった後は、お寺の歴史や仏像の由来など聞く。
由緒正しいお寺なのはひしひしと伝わってくる

待合室に戻り、お札をもらい、これからのスケジュールなどの説明を聞く
じつにありがたい。でも、2万円は痛い。

家に帰ってお供えすれば、準備完了!

4 件のコメント

  • はじめまして☆
    私も男の子熱望しています。
    お寺の紹介ありがとうございます!!
    男の子祈願だと、普通に(?)言えば大丈夫ですか?
    でも私は遠方の為出向くことが難しいです。
    郵送もしているみたいなので郵送でお願いしてみようかなと思っています。
    郵送でも男の子祈願は可能なのかどうかお寺に聞いてみようと思っています。

  • >姉妹ままさん

    こんちは
    コメントありがとうございます

    ここであえて男の子希望言ってと書いたのは
    受付のお姉さんがわかってなくて、確認しに奥へ行ったんですよね

    なので、念押しで男の子希望と言えばいいと思います

    いろんな所から手紙がきてたので、郵送でもご利益ありそうです

  • と、いうことは男の子希望の祈祷は普通のことなんですね(^∇^)
    これからも更新楽しみにしています♪

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA