みなさんの口コミのカテゴリ記事一覧

直系長男が4人の娘の次に男の子を熱望した!

スポンサードリンク

カテゴリ:みなさんの口コミ

みなさんの口コミのカテゴリ記事一覧。直系長男が4人の娘の次に男の子を熱望した!
No Image

2014-11-24 みなさんの口コミ
赤ちゃんは授かりものといっても、やっぱり男の子か女の子か少なからず希望があるものです。わたしもずっと赤ちゃんを産むなら女の子がいいなと思っていたので、夫婦で相…

記事を読む

No Image

2014-11-09 みなさんの口コミ
一人目が男の子だったため、二人目はどうしても女の子が欲しくて、夫と相談して産み分けをする事にしました。方法は、ピンクゼリーとタイミング合わせです。病院には行か…

記事を読む

No Image

2014-11-08 みなさんの口コミ
私達夫婦は、結婚する前から子供を二人ぐらい欲しいとか、出来れば男の子女の子一人ずつ欲しいなどと話し合っていました。その後結婚して最初に生まれたのは男の子でした…

記事を読む

産み分けのポイントはタイミング

赤ちゃんは授かりものといっても、やっぱり男の子か女の子か
少なからず希望があるものです。

わたしもずっと赤ちゃんを産むなら女の子がいいなと思っていたので、
夫婦で相談して産み分けに挑戦してみました。
 
その方法は、男の子となるY精子と、女の子となるX精子の性質の違いに
着目したものです。Y精子は、X精子に比べて酸性に弱い性質を持っています。
そのために、基礎体温を調べて排卵日がいつなのかを知っておく必要があります。

女性の子宮や膣は感染防止のために普段は弱酸性となっていますが、
排卵頃になるとアルカリ性に変化します。

そのため、女の子が欲しい場合は、排卵日の2日前に性交し浅い挿入にすることで
体内での精子の滞在時間を長くし、X精子に頑張ってもらいました。

これは、友達のママから紹介してもらった方法なのですが、
見事、大当たり!決して難しくはなく、タイミングを見るだけなので
誰でも挑戦してみる価値はあると思います。



あとがき

タイミングは大事ですね。産み分けの病院へいくと細かく指導してもらえます
それに、直接見てもらって、排卵の確認をしてくれます。

自分で基礎体温を測るのもいいですが、誤差が出やすいですし、病院へ行くことをおすすめします

排卵日検査薬

二人目は女の子が欲しくて産み分けしました

一人目が男の子だったため、二人目はどうしても女の子が欲しくて、
夫と相談して産み分けをする事にしました。

方法は、ピンクゼリーとタイミング合わせです。
病院には行かずに独自でだったのですが、
まず女の子産み分け専用のピンクゼリーをネットで購入し、
あとは基礎体温と排卵チェックでしっかり排卵日を割り出して、
排卵日を避けて子づくりをしました。

排卵日の2〜3日前の性交で女の子の確率が上がるという事なのですが、
このタイミングではなかなか妊娠自体がしにくいんですよね。

妊娠までに半年以上はかかりました。
ピンクゼリーは慣れてくると簡単に出来ました。

我が家は、この二つの方法で約八ヶ月程かけて女の子を妊娠することに成功しました!
妊娠するまでは、落ち込む事もたくさんありましたが、頑張り続けて良かったです。

あとがき

女の子をつくるときは、排卵日からずらすんですよね。
それ故、できにくい。当たり前といえば、当たり前ですね。

その点男の子は、病院でカメラでみて、今日いけーみたいな感じですからね。
タイミング、ゼリー、あっさりポイントはこのへんでしょうね。

>>安全・安心の産み分けゼリーの秘密はこちら

二人目の子供に産み分けを行いました

私達夫婦は、結婚する前から子供を二人ぐらい欲しいとか、
出来れば男の子女の子一人ずつ欲しいなどと話し合っていました。

その後結婚して最初に生まれたのは男の子でした。
最初に生まれる子に関しては性別はどちらでも良く、このときは産み分けを
行いませんでしたが、次に生まれる子は産み分けをして
何としても女の子を産みたいという気持ちになりました。

しかし産み分けといっても確実性がある訳でも無く、
病院で相談してピンクゼリーを購入したり、
排卵日を予想して貰ったりと努力をしても、実際に子を授かり、
性別を病院で教えてもらうまでは気が気ではありませんでした。

結果的には私達の行動が実を結んだのか、望んでいた女の子を授かる事になったので、
試してみる物だと思いました。

あとがき

やっぱり女の子を産み分けする人が圧倒的に多いようですね。
産み分けは女の子のほうが難しいらしいです。僕にはさっぱりわかりませんが

奇跡の女の子産み分け術
カテゴリ
最近の記事

リンク集
産み分けの本




タグクラウド
産み分け仲間がいるよ〜
産み分けの成功率を上げる方法
去年発売の産み分け本
病院で処方されるリンカル
Copyright © 産み分けをがんばったブログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます