産み分けをしたいのは、ほとんどが女の子がほしいそうです。
僕はほっといても4人娘が生まれたので、実際問題よくわかりません。

そこで、身近な人(同僚)で女の子の産み分けに挑戦し、成功した人の話を聞きました。
その人は、基礎体温で排卵日を特定し、ピンクゼリーを使用して挑戦していたようです。

ただ、ピンクゼリーを使用しているうちは、妊娠しなかったそうです。
基礎体温で排卵日を特定していたことと、ゼリーとの相性が悪かったのかもしれません。

そこで、排卵日の特定や指導は専門病院にかかったそうです。
排卵日の特定を病院でしてもらい、合体日を特定したようです。

もちろん、合体は男の子の産み分けと逆であっさりとしたものです。
それと、浅めでのフィニッシュですね。完全に逆です。

僕が女の子ができやすかったのもわかる気がします。
自分本位であっさりな感じ、しかも小さめときてる。条件はそろっています。

女の子の方が成功率は低いようです。男の子は80%です。
参考になったかどうかわかりませんが、成功されることを祈っています

>>安全・安心の産み分けゼリーの秘密はこちら