正面から入って右手に受付がある。

スクリーンショット_032716_083948_PM.jpg

そこで必要事項を記入し、祈祷していただくことになる。
ここで注意は男の子祈願と必ず申告すること。
何も申告しなければ、子宝祈願になります

スクリーンショット_032716_084034_PM.jpg

階段上がって、右手に待合室がある。
そこには、全国からのお礼の手紙や写真などがある。
人気があるようだ。

子宝祈願で来る人が多いらしく、夫婦二人の人がちらほら。
うちは娘4人連れて子宝祈願。

周りの目が気になる。たぶんできにくい人からしたら、うらやましいと思う。
ぜいたくな祈願だ。でも、男の子欲しいもんは欲しい。

本堂に呼ばれる。御香を手につけて、清めてからご祈祷いただく。
名前、住所も読まれるので間違いのないように。

終わった後は、お寺の歴史や仏像の由来など聞く。
由緒正しいお寺なのはひしひしと伝わってくる

待合室に戻り、お札をもらい、これからのスケジュールなどの説明を聞く
じつにありがたい。でも、2万円は痛い。

家に帰ってお供えすれば、準備完了!

スクリーンショット_032716_084126_PM.jpg

帯解寺は不妊症にも効果あるらしいです