私も妻も20代後半です。一人目は男の子でした。
経済的に子供は2人が限界だと思っていて、妻が二人目は女の子が良いと希望したので、
産み分けを試みることになりました。

ネットで少し調べたところ、男性の精子は女の子の遺伝情報を持つX精子と、
男の子の遺伝情報を持つY精子に分けられるということを初めて知りました。

そしてY精子が酸性に弱い性質があるため、妻の体内を酸性にしておけば
女の子を妊娠しやすくなるということだったので、
性交前にコーヒーを飲んでもらうことにしました。

また、性交のタイミングとしては排卵日の2〜3日前がベストということと、
精子の濃さを薄めにしたほうが良いという話も聞き、妻の排卵日に合わせて
私もマスターベーションをして調整するなどの努力もしました。
その結果見事女の子を授かることができました!

中には迷信とも思えるようなこともありましたが、本気で性別の産み分けを
したいのであれば、ありとあらゆる方法を試してみるのが良いと思います。

そうすれば万一上手くいかなかったとしても、後でやっぱりあれもやっておくべきだった
と悔いが残ることも少ないでしょう。

あとがき

コーヒーは精子の活動を活性化させるため、男の子が欲しい時では?と思いましたが、
確証はありません。そもそも受精しなければどちらもできませんからね。

みなさんいろいろ試しているんですね。これからの方がんばってください

>>安全・安心の産み分けゼリーの秘密はこちら
 カテゴリ
 タグ