ぼちぼち来たか。

この時、長女3年生、次女1年生、三女年中、四女2歳。
嫁は長女と次女は立会い出産させると言っていた。

幸いなことに、今は冬休み。いつでもいける。
下の2人は僕が見ることになっていた。

自分たちの両親は遠方で頼ることはできない。
今までも出来るだけ自分たちだけでやってきた。今回ものりきれるはず。

嫁は痛い痛いと言いながら最後の支度を始めた。
まだ、病院連絡しなくていいのか?と聞いたら、まだいけるとの返事。

何がいけるのかさっぱりわからないが、まだ早いらしい。
子宮口の開き具合とかあるようだ。嫁の感覚に任せるしかない。

普通に晩御飯食べて、夜床についた。
そして、夜中の2時頃。

嫁:パパ来たわ。病院送って。

急いで起きて、長女と次女を起こす。
三女と四女はよく寝ている。ある意味いい時間かもしれない。

三女と四女をそのままに。急いで病院へ。
幸い病院は車で5分位。名前をつげて、暗い病院内へ入る。

あまり、長居はできない。三女と四女が泣いてるかもしれない。
長女と次女にママを頼む、と病院を離れた。

帰ってきたら、三女と四女は静かに寝ていた。
あとは嫁にがんばってもらうしかない。

ここまで来たら、性別はどうでも良くなっていた。母子ともに元気であればそれでいい。
無事生まれてくれることを祈るだけだった。

そのまま、娘たちと眠りについた。それもつかの間。
約3時間後携帯電話がなった。長女だった。

長女:生まれたよ。どっちかききたい?
僕:いや、いいよ。自分で見に行くから。

ぐずる三女と四女を起こして、急いで病院へ向かいました。

お産本番のすべてがわかる本―陣痛室・分娩室で、必ず役立つ! (主婦の友生活シリーズ)

 カテゴリ
 タグ