羊水検査の時のことを書きます

嫁が37歳ということもあり、今回は必ず受けることを話し合って決めていた。
そして、染色体異常があれば、今回はあきらめるということも決めていました。

うちは女の子が4人いる。次の子供にかかりっきりになるわけにはいかない。
嫁の仕事もままならなければ、今の生活もできなくなってしまうからです。

本当に親のエゴですが、二人で話し合ってしっかり決めました。
かかりつけの産婦人科の先生に話をしました。

すると、クワトロをしてからでいいんじゃないの?とか本当にするの?とかきかれました
何も検査をしなければ、産まれる。何かあれば産まない。本当に命の選択です。

医者もすすめたくはないでしょうね。わかります。
でも、自分たちの意志が固いことをつげました。

先生は羊水検査ができる病院を紹介してくれました。
うちの周りでは羊水検査が出来る病院が3ヶ所ぐらいありました。

嫁は看護師なので、あらゆるネットワークを使って調べました。
そして、大学病院ですることに決めました。

次回はそこでカウンセリングを受けることになります。

女医が教える これでいいのだ! 妊娠・出産